薄毛対策コラム

薄毛・脱毛の原因

頭皮の手入れ不足による頭皮環境の悪化

毛穴にある、皮脂腺から皮脂が分泌されます。この皮脂は、通常頭皮や髪の毛を守る役目をしていて、いわばバリアの役目です。この皮脂を取りすぎてしまうと、バリアが失われ頭皮が危機に瀕してしまい、危険な状態になります。手入れが悪く、汚れ・フケをそのままにして不潔にしておくと、プロピオン酸菌などが異常繁殖し、それらが毛穴から侵入して毛母細胞にダメージを与えてしまいます。髪の手入れは慎重かつ適切な処理が必要とされるのです。

薄毛・脱毛の原因

高脂肪・高カロリー欧米型食生活への偏り

牛肉など動物性脂肪の摂りすぎ、乳製品や硬化油、ショートニングの摂取、酸化した油脂類の摂取、高カロリー・高脂肪食などが髪に悪影響をもたらします。こうした食事によって悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪が増え、頭皮の毛細血管を詰まらせます。毛細血管は毛母細胞への栄養補給の唯一のルートですから、毛母細胞に酸素や栄養が届けられなくなると毛母細胞の働きが衰え、脱毛します。

薄毛・脱毛の原因

コンビニ弁当やテイクアウト食品への偏り

コンビニ弁当やテイクアウト食品には、多量の化学物質が含まれています。そうした物質の悪影響と、髪の原料となる良質のタンパク質不足が考えられます。良質の動物性タンパク質と植物性タンパク質、タウリンや鉄分の摂取不足なども毛母細胞の正常な分裂を阻害し、脱毛を引き起こす可能性があります。

薄毛・脱毛の原因

自律神経のバランスの崩れと免疫の影響

脱毛には自律神経のバランスの崩れも関係しています。自律神経には交感神経と副交感神経があります。夜型生活や過度のストレスなどで交感神経優位の状態がつづくと血液の流れが悪くなり、酸素や栄養が毛母細胞へ送られにくくなります。また、免疫細胞の一種である顆粒球が毛母細胞に悪影響を与えます。その結果として、脱毛が引き起こされると考えられます。

薄毛・脱毛の原因

枕など寝具への配慮不足

枕の内部は、細菌などが繁殖しやすい環境になっています。枕を洗濯しないでいると、内部で頭部常在菌類(主にカビ菌類)が繁殖します。毛穴からこの頭部常在菌が侵入すると、やはり顆粒球が毛母細胞に影響を及ぼします。その結果として、脱毛が引き起こされると考えられます。

PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.