薄毛対策コラム

脱毛症の種類と症状

あなたはどのタイプでしょうか?

♦男性型脱毛症
男性型脱毛症は、成長毛が早期休止期に入って脱毛する休止期脱毛で、成人男性の前頭部や頭頂部の毛が一定のパターンで薄くなるのが特徴で、早い人では、思春期を過ぎたころから発症します。
40代の男性で発症率が30%とされて、3人に1人ぐらいの割合で発症します。そのメカニズムは、男性ホルモンが強く関与していると、アメリカの解剖学者J.B.ハミルトンが70年前に生化学的に実証しています。

♦ひこう性脱毛症
この脱毛症は欧米人には少なく、日本人の特に女性に多く見られ、乾燥した大量のフケの出ることが特徴で、皮脂欠乏症、皮脂欠乏湿疹をともなうことも有り、特に40代以上の女性に多く見られます。この脱毛症で抜けた髪の毛の毛根部分はおたまじゃくしの尻尾のようになっています。 体質的な要素が大きく、食生活の肉食への偏り、油脂の摂取量やその質、また冷え性や加齢、頭皮の手入れ不足などの原因が重なると薄毛を招いたり、脱毛が悪化したりします。

♦脂漏性脱毛症
この脱毛症は、男性型脱毛症とほとんど同じ症状の脱毛症で、フケと関係がありますが、ひこう性脱毛症とは違い、抜けた毛の毛根部が脂っぽくベタッとしているのが特徴です。
過剰な皮脂分泌が主な原因と考えられますが、食生活の偏りとストレス、マーガリンやショートニング、硬化油などのトランス型脂肪の摂取、それに頭皮の手入れ不足や喫煙、清涼飲料水のとりすぎなどで悪化することが考えられます。

♦神経性脱毛症
強いストレスなどにさらされた結果、自律神経のバランスが崩れます。この影響が免疫に出たときに、神経性脱毛症が起こると考えられます。そこに食生活など他の原因が重なるとひどく脱毛し、しいては全身の脱毛を招くこともあります。

♦細菌性(円形・多発)脱毛症
細菌性脱毛症には2種類あり、脱毛が一箇所だけ起こるものを「円形脱毛症」、複数の箇所に出来るものを「多発性脱毛症」といいます。以前は後頭部の襟足に発症する円形脱毛症がほとんどでしたが、近年では側頭部などに複数発症する多発性が増えています。
精神的なショックやストレスで発症するのではなく、頭部常在菌と免疫の関係が主な原因と考えられます。他の脱毛症と複合的に作用すると回復が難しく、また長引きます。

♦代謝異常性脱毛症
この脱毛症で抜け落ちた髪の毛根部は、非常に複雑な形をしており、ゆがんだ形や蛇がとぐろを巻いているような形、あるいは毛幹が極端に細くなっていたりひどい場合は、毛球自体が無くなっています。原因としてはホルモンバランスの崩れ、食生活の乱れや偏り、無理なダイエットの悪影響、極端な夜型生活、環境ホルモン、薬物の作用などが考えられ、身体の不健康からの脱毛症と考えられます。

♦壮年性脱毛症
この脱毛症は、異常脱毛ではないのですが、加齢から来る脱毛症です。

脱毛とは何なのか

脱毛を止めるには?

脱毛とは何なのか第三章です!

脱毛を止めるには、この「5αDHT」を制御することが重要になります。

DHTは男性ホルモンと皮脂(5αリダクターゼ)が結合して出来るもので、この結合の量産や生産を減らさなければ、脱毛や薄毛、抜け毛などは止まらず、発毛や育毛も出来ないのです。

脱毛とは何なのか

ヘアサイクルに影響を及ぼす要素とは?

脱毛とは何なのか第二章です!

よく知られている男性ホルモンだけではなく、私たちのヘアサイクルには甲状腺ホルモンやビタミンD、グルココルチコイドなど、ステロイドレセプターファミリーの多くも影響を及ぼすのです。

男性ホルモンは間葉系細胞にのみ直接影響を及ぼすのに対し、
男性ホルモン以外は主に毛包の上皮細胞に作用します。

男性ホルモンの代表的なものは「テストステロン」ですが、これが血中を流れて細胞内に入ると、「5αリダクターゼ」と言う酵素によって「ジヒドロテストステロン(5αDHT)」に変化します。このDHTが細胞内の男性ホルモンレセプターと結合して細胞核内に入り、標的遺伝子のプロモーターに結合して、タンパク質誘導を行い、生物学的な作用を引き起こします。

これが女性ホルモン支配下である頭頂部や前頭部に入った場合は「脱毛症状」となり、一方、男性ホルモンの支配下である体毛や髭などに入った場合には成長作用を促すのです。

お客様からのメッセージ

【OK様より】2ヶ月後には生えてきたと実感。

hatsumo_ok_comment お客様よりメッセージをいただきました

2ヶ月後には生えてきたと実感。

50歳を過ぎた頃から髪の毛が徐々に抜け始めました。
ドラッグストアー、インターネット等でいろんな育毛剤を試し10年近く使い続けましたが改善の気配は全く見られませんでした。

60歳を過ぎてかなり危い状態に達し、専門の治療院に頼ることを決め「ヘッドサポート」さんにお世話になることにしました。

通い始めて2ヶ月後に生えてきたなと感じました。そこからは日々前進!
6ヶ月経ったことには完全に近い状態まで復活しました。

「ヘッドサポート」さんには大変感謝しています。

※飽くまでも個人の感想です。

お客様からのメッセージ

【MT様より】自信・明るさを手に入れよう!

hatsumo_mt_comment お客様よりメッセージをいただきました

自信・明るさを手に入れよう!

昨年2月のことでした。今までに経験したことのないフケ・抜け毛に悪戦苦闘しました。気が付くたびに背広はフケだらけ、そして抜け毛。見る見るうちに髪の毛は減少して行きました。

なんとかしなければ・・・。そんな毎日が続き、一人に言えない苦しみのなか、インターネットで色々検索していたところ、ヘッドサポートに出合いました。今では自分を反省していますが、“本当に生えるのか”・“話半分に聞こう”との思いで電話しました。

結果は言うまでもありません。6ヶ月程度経過した時には鏡を見ることに自身が持てるようになっていました。
そして何よりも、周囲に負い目を感じることなく、仕事や遊びに対して明るく、楽しく向き合える自分に幸せを感じています。
これは何にも代えることが出来ない私の財産です。
ヘッドサポートさん、本当にありがとう。

※飽くまでも個人の感想です。

薄毛・脱毛の原因

頭皮の手入れ不足による頭皮環境の悪化

毛穴にある、皮脂腺から皮脂が分泌されます。この皮脂は、通常頭皮や髪の毛を守る役目をしていて、いわばバリアの役目です。この皮脂を取りすぎてしまうと、バリアが失われ頭皮が危機に瀕してしまい、危険な状態になります。手入れが悪く、汚れ・フケをそのままにして不潔にしておくと、プロピオン酸菌などが異常繁殖し、それらが毛穴から侵入して毛母細胞にダメージを与えてしまいます。髪の手入れは慎重かつ適切な処理が必要とされるのです。

薄毛・脱毛の原因

高脂肪・高カロリー欧米型食生活への偏り

牛肉など動物性脂肪の摂りすぎ、乳製品や硬化油、ショートニングの摂取、酸化した油脂類の摂取、高カロリー・高脂肪食などが髪に悪影響をもたらします。こうした食事によって悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪が増え、頭皮の毛細血管を詰まらせます。毛細血管は毛母細胞への栄養補給の唯一のルートですから、毛母細胞に酸素や栄養が届けられなくなると毛母細胞の働きが衰え、脱毛します。

脱毛とは何なのか

薄毛と関係がある男性ホルモンのバランス

image-21-100-2

脱毛とは何なのか第一章です!

脱毛原因の多くは男性型脱毛症(AGA)薄毛や脱毛での症状ですが、この男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが深く関わっています。男女を問わず、思春期になると男性ホルモンの作用でヘアサイクルが変化します。と言っても、全身の毛がすべてヘアサイクルを変えるわけではありません。男性ホルモンが働く箇所は、あらかじめ限定されているのです。男性の場合、子供のころは髭や胸毛は軟毛なのでほとんど目立ちませんが、思春期になると髭も胸毛も硬毛化してゆきます。これが男性ホルモンの働きです。男性ホルモンはもちろん女性も持っていますが、女性の場合、思春期を過ぎても顔や胸部分の毛は軟毛のまま。ただし、腋毛や陰毛は男女を問わず思春期の頃から男性ホルモンの作用で硬毛になってゆきます。

女性の薄毛のお悩み

薄毛で悩む女性はあなただけではありません!

一般的に薄毛や脱毛というと男性向けのサービスや商品が多く知られていて、薄毛に悩む女性は少ないよう思われます。

しかし、そんなことはありません。
加齢による薄毛以外にも、薄毛・脱毛でお悩みの女性は、実はたくさんいらっしゃるのです。

女性の方の場合は、なかなか相談自体にも億劫になってしまうことが多いようですが、ヘッドサポートではそのようなお悩みを抱える女性のお力になれるよう、こちらのコラムでも情報を充実させていきます。

もちろん女性の薄毛・脱毛のケアも行っております。男性のお客様と同じく、その日にご契約を迫るようなことはございません。ぜひ一度お悩みをご相談くださいね。

薄毛・脱毛の原因

コンビニ弁当やテイクアウト食品への偏り

コンビニ弁当やテイクアウト食品には、多量の化学物質が含まれています。そうした物質の悪影響と、髪の原料となる良質のタンパク質不足が考えられます。良質の動物性タンパク質と植物性タンパク質、タウリンや鉄分の摂取不足なども毛母細胞の正常な分裂を阻害し、脱毛を引き起こす可能性があります。

1 / 212
PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.